masarusumeragiの将棋ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masarusumeragiの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。コメントくれたら嬉しいです🎵

【左玉】頻出局面.No6_矢倉には角を引く

高田流左玉 高田流左玉-頻出局面

 相手に矢倉を組まれたら、66の位置に角がいると標的になるので早めにあたりを避けます。上記の局面から相手に△64歩▲同歩△65歩打ちを狙われると角が詰んでしまう恐れがあるので▲68銀として、角の引き場所をあらかじめ作っておきます。

上図から角を引き銀多伝(銀が縦に2つ)の形に組みかえましょう。

なお角を引くときに相手の角に当てて角交換に持ちこめればはっきりと優勢になります。左玉は角打ちに強い陣形なので角交換の筋は常に狙っていきましょう。

     角を当てて角交換を要求

    結果図、角を持ち合って先手良し