masarusumeragiの将棋ブログ

masagokkoの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。

【左玉】高田流左玉 インデックス

始めに

       高田流左玉、よくある局面

 今日の記事から高田流左玉について順々に整理していきたいと思います。

 高田流左玉とは、上図のように6筋の位を取り飛車を下段に引き玉を左に囲った構えをしており、上部に手厚く打ちこみに強い戦法です。汎用性が高く、中飛車以外のすべての振り飛車に対してこの戦法が使えるので、「いくつもの振り飛車への対策を考えるのが大変」という方は使ってみると良いかもしれません。

 左玉に関して記事を書く、整理するにあたってまず4つのポイントを整理していくことから始めたいと思います。

組み方の手順

 左玉はこの陣形を組み上げられた時点でかなりのアドバンテージになります、しかし相手も黙って組ませてくれる分けなく、駒組みの途中で仕掛けてくることが多いです。

よって相手がいつしかけても対応ができるような組み方をする必要があるので、そこを始めに整理していきます。

masarusumeragi.hatenablog.com

8筋攻めのパターン

 左玉は玉飛接近の悪形であるため、こちらからはほとんど攻められません。しかし相手の囲いに応じた8筋からの強力な攻めのパターンがいくつかあるため、それらを覚えれば相手の攻めよりはやく相手を攻め潰してしまえることもあります。持ち歩の枚数、相手が美濃か金無双かによって整理していきます。

 

masarusumeragi.hatenablog.com

masarusumeragi.hatenablog.com

端攻めのパターン

 端攻めも8筋の攻めと同じく左玉の数少ない攻め手の一つです、パターンを覚えて良いタイミングで攻めれるようになると良いです。しかしこちらの玉型を見てもらうとわかるようにとても薄く、むやみに端攻めを決行すると反動で負けてしまうことも多いので、使いどころとしては右辺での相手の攻めが受からなく早く攻めなければ負けてしまうようなときが良いかもしれません。持ち歩の枚数、相手が美濃囲いか金無双か、銀を使うか桂馬を使うか、角を使うかによって整理していきます。

 

masarusumeragi.hatenablog.com

masarusumeragi.hatenablog.com

相手からの2筋への棒銀の受けのパターン(かなり重要)

 左玉を以前からやっている人、これから始めようという人に関わらず薄い2筋への棒銀の受けに大変苦労している(することだろう)と思います。2筋の守りに銀を足して金銀2枚で守るという方法もありますが玉側が手薄になり良くありません。そこで4章では2筋棒銀を金1枚(+角と歩などを合わせ)で受けるパターンを書いていきます。金1枚で受けることにより相手の攻めを誘発してカウンターを狙うことも可能であり、ここで相手の攻め駒を切らしてあとは陣形差で勝てることも多く、受けのパターンをいくつか覚えておくとよいと思います。

 整理の方法として、角を手持ちかどうか、相手が美濃囲いか金無双か、飛車の位置、33地点に紐が付けられるか、について整理していきます。「2筋の攻めを受けるのに相手の囲いは関係あるのか?」と思う方もいると思いますが、2筋の攻めを相手玉への王手を絡めて受けなければならないパターンも多いので、そこは細かく見ていきます。

 

masarusumeragi.hatenablog.com

 ある程度左玉に慣れてきたら…

 高田流左玉棋譜

高田流左玉の棋譜をフラ盤を使って紹介しています。

masarusumeragi.hatenablog.com

 

 高田流左玉局面研究

高田流左玉を指していると、受けの難しい局面や指し手の方針が分かりづらい局面が多く出てきます。おそらく同じような局面で悩まれる思うので、そのようなよくある局面をピックアップして解説しています。

masarusumeragi.hatenablog.com