masarusumeragiの将棋ブログ

masarusumeragiの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。コメントくれたら嬉しいです🎵

【右玉】75歩突き捨てからの早繰り銀の受け方

右玉に対する頻出の攻め筋への対応

 当記事では右玉に対し75歩の突き捨てからの早繰り銀の対処を整理していきます。継歩をして相手に桂馬を渡してしまう筋があるので、余裕があれば56歩と突いておき55桂打ちの筋を消して置くのがベストです

 後手の△64銀には74歩と突き越すのが右玉の手筋、▲74歩にかまわず△75銀としてきたら▲73歩成り△同桂に▲74歩打ちで桂取り(下図)を狙えるので△84飛車と受けてきます

       ▲74歩の狙い筋

 

    △84飛と受けた局面、ここで歩成りは意味がない…

 上図からの右玉の棋書にある進行を大まかに書くと、▲68角~▲77金として7筋を8筋を抑え込み、チャンスがあれば8筋に飛車を回る感じで指していくといった感じです。

 △84歩と受けられたときのおすすめの進行はそこで▲65歩と突き角道を開けて2筋の継歩を狙っていく進行です

  以下△同歩▲25歩△同歩▲25桂と跳ね下図

 ここの相手の応手は銀桂交換を避ける△22銀か銀桂交換を受ける△23歩や△24歩

がある。

❶△22銀

 銀が下がったことによって44地点の効きが減ったことに注目してください、右玉における継歩攻めからの桂跳ねの狙いの多くはこの44地点の効きの数を減らすことにあります。角筋を生かして▲44歩と叩いたり44に拠点を残せるとやりやすいです。

 この局面では▲23歩と銀を叩いてから▲65歩がとても厳しくなってきます

 

❷24歩

 以下、▲33桂成りとしてから45歩を突き44地点を狙っていく。この局面のように▲56歩とつけていない場合、相手からの△55桂打ちが少しやっかい、できれば事前に▲56歩は突いて起きたい。

         狙い筋

 上図以下△53銀▲24飛△23歩▲43銀打ちなどで玉頭に絡んでいく