masarusumeragiの将棋ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masarusumeragiの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。コメントくれたら嬉しいです🎵

【右玉】早繰り銀の受け方 △44歩が突かれていない場合

早繰り銀への右玉の積極的な受け方

 上図のように右玉に64銀と早繰り銀にきたときは65歩と反発するのが右玉側のお馴染みの手筋です。▲65歩に△同銀とした局面で相手が△44歩を突いているかどうかで方針が変わってきます。当記事では△44歩と突かずに△64銀としてきた変化を考えていきます。

 

 上図は▲65歩に△同銀と出た局面、ここで△44歩を突いていないため▲33角成と思いきって角を捨てる手が好手となります。

 以下、△同桂▲77桂△64歩と進んで下図

 ここで、いつでも取れる銀は放っておいて▲24歩から横歩を取りにいきます。以下▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲34飛と進んで下図

上図の相手の最善手は△44歩△43金から飛車を狙っていく手ですが、他の手を指して来たら▲24歩から飛車を自陣に帰らせて、▲34歩打ちなど相手の桂頭を狙っていくと勝ちやすいでしょう。以下後手△44歩から飛車を狙う変化について書いていきます。△44歩▲24歩打ち△43金とすすんで下図のようになります。

  ここで飛車取りに逃げずに寄せを意識し▲35銀打ちとするのが良い。

ここで△28飛車打ちと王手で歩を抜かれてしまうが、

▲43金打ち△22玉▲33銀歩成りで王手飛車取りで飛車を抜いてよし

 以下飛車を取って▲63飛車打ちなどから勝ちやすい

 

 

 右玉の棋譜はこちら

私の実戦譜などをのせています。

masarusumeragi.hatenablog.com

右玉局面研究はこちら

頻出の局面をピックアップして整理していきます。

masarusumeragi.hatenablog.com