masarusumeragiの将棋ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masarusumeragiの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。コメントくれたら嬉しいです🎵

【右玉】引き角棒銀の受け方

右玉 右玉-引き角棒銀 右玉定跡

テーマ 

引き角棒銀を受ける右玉の1局面について考えていきます

         基本図

基本図からの進行 

 上図の局面からの進行はは▲65歩△75歩▲66角と右玉では有名な棒銀の受けの手筋です。(相手の銀が84まで来たら▲65歩は絶対)

                               受けの一例

 基本図の類似局面での開戦のタイミングの、端歩の付き合いの有無、下段の飛車の開通の有無、56歩突きの有無、△44歩の有無、22地点の紐の有無、によってどう指し手が変わるのかを見ていきます。

 すべてのパターンは調べられないので、基本図となる上図(△44歩をついていない)局面と△44歩を突いている局面によって仕掛けがどう変わるかの2つの変化を調べることにします。なお相手が陣形を整備する手には▲58金、▲29飛、▲16歩、▲56歩の順に自陣を整備する手を指していきます。