masarusumeragiの将棋ブログ

masagokkoの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。

高田流左玉

【左玉】 37銀の成捨てへの対応

37銀の成捨てから45桂への受け // '; document.write(code); // ]]> 以前は△37銀成▲同銀△45桂に▲46銀打ちと受けていましたが▲48銀と引くのが最近は好みです。 ▲46桂打ちで飛車を追い返すのがポイント。

【左玉】左玉頻出局面.NO12_2筋の受け、相手の35銀に反発

左玉、2筋の受け // '; document.write(code); // ]]> 観戦していた将棋より抜粋。35から銀を繰り出してきた相手に対しては反発して問題ありません。

【左玉】左玉棋譜.No31_相手からの2筋速攻への対応

2筋の棒銀への対策 // '; document.write(code); // ]]> 自陣が整う前の相手からの棒銀は非常に受けずらいです。左玉の陣形はそこそこにして46銀と相手の銀にぶつけに行きましょう。

【左玉】左玉棋譜.No30_39角の活用2

39に手放した角の活用2 // '; document.write(code); // ]]> 相手の54角打ちからの2筋攻めには39角と受けるよりありません。相手の角が逸れたら39の角をどうにか活用しましょう。BGMはMusMus様の忘れ物より フリーBGM・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/

【左玉】左玉棋譜.No29_右辺で手に入れた駒で玉頭を攻める

右辺を破られたら玉頭攻めを敢行 // '; document.write(code); // ]]> 下段飛車+玉頭攻めの筋は左玉では頻出です。BGMはMusMus様の雪と子供より。 フリーBGM・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/

【左玉】左玉棋譜.No28_乱戦模様

端を破られたら積極的に攻める // '; document.write(code); // ]]> 右辺を破られてしまったら、相手の攻めが自玉にたどり着く前に相手を攻め潰してしまいましょう。BGMは、MusMus様のold_goldを使用させていただきました。 フリーBGM・音楽素材MusMus http:…

【左玉】左玉棋譜.NO27_39角を打たされた後の角の活用

使いずらい39角をどう生かすか // '; document.write(code); // ]]> 相手の54角打ちから2筋を飛車と角で狙われたら39角と打って受けるしかありません。角の活用が難しくなりますが67角と据えてあげると使いやすいでしょう。

【左玉】左玉棋譜.No26_75歩型、ひたすら受ける

相手の攻めを受けきる // '; document.write(code); // ]]>最後はまた時間の叩き合いに…

【左玉】左玉棋譜.NO25_対四間飛車で気を付ける筋

対四間飛車で気を付ける筋 13角のラインに相手の角があるときには、4筋の棒銀を普通に受けられません。68角打とこちらからも角を打ち返すのが一番安全です。以下の棋譜に失敗例と分岐で参考の指し方を触れておきます。 穴熊 // '; document.write(code); // …

【左玉】左玉棋譜.NO22_左玉の基本的な受け

2筋の基本的な受け // '; document.write(code); // ]]>2筋を攻められた時の基本的な受けを紹介しました。この棋譜では飛車をたたいて角で飛車銀両取りが成功しましたが、場合によっては相手玉を絡めたり焦土戦術にでたりなど局面によって使い分けましょう。

【左玉】左玉棋譜.No21_見せ場は駒組のみ?

左玉でも玉を右に… // '; document.write(code); // ]]> この棋譜も玉を右に囲いました。左側に固執しなくても良いのかも。

【左玉】左玉棋譜.No20_6筋反発への対応

6筋を責められた場合の指し回しの一例 // '; document.write(code); // ]]>6筋攻めは左玉の急所です。玉を左にやる前に仕掛けられたなら大人しく右に囲うのが良いかもしれません。 攻め筋がわかり辛いですが基本的に7筋の反発か9筋の端攻めが主な狙いとなり…

【左玉】対四間飛車の序盤整理

対四間飛車の序盤を確認 // '; document.write(code); // ]]>四間飛車に対しては早めに自陣を整えるのがポイント、2筋を突かずに4筋の守りを固めましょう。角を交換したら打ち直しも覚えておいてほしい指し方。

【左玉】頻出局面.No11_中飛車から34角打ちに要注意

左玉の弱点 上図は相手に中飛車に振りなおされて銀交換された後34角と打たれた局面です。上図より先手側が適当な手▲59飛を指したとして、以下△55歩▲同銀△同飛▲同歩と進んで下図 玉が角のラインに入っているので非常に危険です。ここで相手の狙いの△74銀打ち…

【左玉】左玉棋譜.NO19_左玉、受けの常套手筋

左玉受けの手筋 // '; document.write(code); // ]]>左玉のよくある指し方です、右辺の折衝をご覧ください。

【左玉】左玉棋譜.NO18 右矢倉に対する攻めの一例

左玉、右矢倉の攻め方 高段の棋譜より // '; document.write(code); // ]]> 73地点の紐が外れた時に74銀と捨て55角打ちを狙う。 左玉からの攻めのパターンで8筋からの攻めと9筋の端攻めを紹介しましたが、矢倉に対するそれらの攻めは紹介しませんでした。基…

【左玉】頻出局面.No10_6筋角頭を狙われた場合の対応

6筋攻めの受け 6筋の角頭攻めをどう受けるかが左玉の一つのテーマとなっています。角を早めに引くのも一つの手ですが、△65歩と角を追われてしまった場合の対応を見ていきます。 高段の左玉より 棋譜1 // '; document.write(code); // ]]>棋譜2 // '; documen…

【左玉】左玉棋譜.NO17_初めて7段に勝利

3切れ7段との対局 // '; document.write(code); // ]]>棋譜を見てもらえるとわかるようにこちら側から何か好手を放ったようなことはなく、相手のミスで勝利した対局になりました。対穴熊戦で馬が作れたらだいたいこちらの勝ちになります。

【左玉】 頻出局面ファイル.No10_38金は早めに上げる

38金は早めに上げる 上図から、△26歩▲同歩△28歩と垂らされてしまう 相手に1歩を持たれた状態で△25歩まで伸ばされたら絶対に38金と受ける。

【左玉】 頻出局面.No9_8筋攻めのパターン

左玉 8筋攻めのパターン // '; document.write(code); // ]]>

【左玉】左玉棋譜.No16_7筋殺到

飛車を成り込まれたらスピード勝負 // '; document.write(code); // ]]>この棋譜も相手に龍を作られてしまった対局、相手からの攻めは防げないので一気に攻め切ります。 2筋を伸ばせてない場合は7筋から攻め筋を作ります。

【左玉】左玉棋譜.No15_対金無双_2筋が受からない場合

金無双に飛車交換からの強襲 // '; document.write(code); // ]]>普通は絶対にこちらから飛車交換しませんが、攻め方の一例として覚えておくと使えるかもしれません。

【左玉】 頻出局面ファイル.No8 5筋の垂らしの歩の受け方

5筋の受け 上図は45桂と跳ねられて57歩打ちを拠点に角を打ちこまれた局面です。相手の角を銀が金のどちらで取ったら良いのか考えてみてください。 銀で取った場合 ▲同銀△同歩▲同金の後上図のように△56歩と垂らされて先手不利。 相手に5筋の歩を突き捨てられ…

【左玉】左玉棋譜.No14_△54銀型へ反発

54銀型へ反発 // '; document.write(code); // ]]>

【左玉】 頻出局面.No7 △54銀から6筋攻めを狙われたときの指し手の方針

6筋攻めへの対応 相手が1歩あるとき上図から△64歩としかけられ△65歩と垂らされるのが左玉の弱点、ここの対処を知らないと左玉はさせません。参考棋譜1ではその筋を牽制して▲55歩と銀を追いやった棋譜、参考棋譜2では△65歩の垂らしをされてしまった場合の指し…

【左玉】左玉棋譜.No13_対金無双

金無双攻略 // '; document.write(code); // ]]>

【左玉】左玉棋譜.No12_相手の飛車切りからの角打ちに要注意

飛車のコビンへの角打ちに注意! // '; document.write(code); // ]]>このように相手が飛車と銀or歩を刺し違えて角打ちを狙う筋は頻出なので注意しましょう。追記…久しぶりにBGMをつけてみました、たまには遊び心も。

【左玉】頻出局面.No6_矢倉には角を引く

相手に矢倉を組まれたら、66の位置に角がいると標的になるので早めにあたりを避けます。上記の局面から相手に△64歩▲同歩△65歩打ちを狙われると角が詰んでしまう恐れがあるので▲68銀として、角の引き場所をあらかじめ作っておきます。 上図から角を引き銀多伝…

【左玉】左玉棋譜.No11_66地点を狙った桂打ちに注意

左玉敗戦譜、ささやかな解説あり 相手に桂馬を渡したら、上図のような桂打ちを事前に消しておきましょう。// '; document.write(code); // ]]>駒を渡す時は相手に打たれる筋を考えておく。わかっていてもたまに忘れちゃいます。

【左玉】頻出局面ファイル.No5_玉を絡めた2筋の受け

受けを放棄し玉のコビン攻め // '; document.write(code); // ]]> 玉の斜のライン(▲55角打ち、▲46角打ち、▲22角打ち)から7筋の歩を突くのが厳しい攻め