masarusumeragiの将棋ブログ

masagokkoの将棋ブログ

高田流左玉、右玉、雁木右玉のブログをやっています。

右玉

【右玉】右玉棋譜.No25_対棒銀、好形を築く

棒銀の受け // '; document.write(code); // ]]> 将棋クエストの2切れより。最近はスランプ気味でレート降下中。新しい戦法にも手を出してはいますが2切れの序中盤ノータイムで指せる戦法は右玉くらいしかありません。 石田流勉強中… 今日の一枚

【右玉】右玉棋譜.No24_中飛車に右玉は無理?+今後の更新予定

中飛車にフルボッコに… // '; document.write(code); // ]]> 今日の棋譜は中飛車に対し完封負けを喫した対局です。あまりにも酷いので上げるかも悩みましたが、右玉のウィークポイント克服を目指すためにもブログに残しておきます。 相手に上図のような陣形…

【右玉】頻出局面.No6_右玉側の角を引いた活用

右玉側の角を引いた活用 // '; document.write(code); // ]]> 右玉では角をそのままのラインで使う(居角で使う)ほうが玉のライン攻めが狙えるので好ましいのですが、角を引いて使わざるを得ない展開も多くあります。引いた角の使い方として上のフラ盤のよう…

【右玉】右玉棋譜.No23_相右玉敗戦譜

相右玉敗戦譜 // '; document.write(code); // ]]> 55桂打ちからの光速の寄せられは悲惨。相右玉で攻められる側からのカウンター55桂を打たせないためにも、やみくもに捌くのは気を付けたほうが良いですね。 以下の図のように桂交換ができたら66桂打ちから73…

【右玉】右玉棋譜.No22_菊水矢倉に対する攻め方、26桂打ち

右玉の菊水矢倉に対する攻め方 // '; document.write(code); // ]]>右玉に対し鉄壁な菊水矢倉も桂が一枚入ると攻められます。26桂打ちから34歩打ちを狙っていけば攻めの手掛かりになります。

【右玉】右玉棋譜.No21_角交換型、頻出手筋51角打ち

角交換右玉、最頻出手筋 高段の対局より // '; document.write(code); // ]]> 角交換後に飛車を8筋に転換した後の指し方です。51角打ちで飛車の位置をずらす手筋は頻出です。

【右玉】右玉棋譜.No20_相右玉

相右玉 // '; document.write(code); // ]]>相右玉では桂の効きに角打ちを常に狙いましょう。

【右玉】右玉棋譜.No19_角のラインを生かした攻め

右玉のライン攻め // '; document.write(code); // ]]>

【右玉】右玉棋譜.No17_相右玉

相右玉 // '; document.write(code); // ]]>必ずしも端角をしなくてもよい、55角と出た手が端角の代わりになります。

【右玉】右玉頻出局面.No5_糸谷流右玉の駒組みの注意

駒組み完成前の端攻めに注意 // '; document.write(code); // ]]>

【右玉】右玉棋譜.No16_糸谷流右玉

糸谷流右玉棋譜 // '; document.write(code); // ]]> 玉が薄いので非常に勝ちづらい… 追記 先月からブログ上部にメニューを設置したのですが、ちょっと分かりづらいですかね。ボタンっぽくないので、もしかしたら押せることに気付かない方もいるかも…

【右玉】右玉棋譜.No15_角のライン攻め

右玉、角のライン攻め // '; document.write(code); // ]]>

【右玉】右玉棋譜.No14_対引き角棒銀

引き角棒銀の受け // '; document.write(code); // ]]>

【右玉対策】右玉には中飛車が有効

右玉崩し、三間振り直し型 この記事では私の敗戦譜などを元に、右玉対策について書こうと思います。右玉対策に苦労されている方は参考に、そして右玉党の方には対策を考えてみてほしいと思います。(私も対策を考え中…) 右玉対策として有名なものに、菊水矢倉…

【右玉】相右玉_端角四間の攻め

端角四間完成後の指し方 // '; document.write(code); // ]]>端角四間飛車完成後の攻めの一例をご覧ください。

【右玉】右玉部分手筋_角交換後の相手からの棒銀の受け_改訂版

角交換後の棒銀の受け ▲86歩反発型の例 // '; document.write(code); // ]]>▲86歩反発型+▲41角打ち型(分岐で2つの棋譜を乗せています) // '; document.write(code); // ]]>どちらも相手の84銀と出た手で仕掛けます。 受けの2つの棋譜は違う対局ですが1筋の…

【右玉】右玉頻出局面.No4_1筋への端攻めの対応

1筋への端攻めの受け // '; document.write(code); // ]]> 1筋の香車を捌きあった上図で飛車を1筋に回らず、香を打つのがポイント。

【右玉】右玉棋譜.No12_ひたすら受け続ける

居角棒銀は苦手 // '; document.write(code); // ]]> 相手から囲いもそこそこに居角棒銀で先攻されてしまうとひたすら受ける対局になってしまいます。3切れで受け続けるのはつらいですね。

【右玉】右玉棋譜.No11_綺麗な王手

気持ちの良い王手 // '; document.write(code); // ]]>穴熊に玉頭から盛り上げで制圧、▲46銀、▲47金型に組み換えて玉頭から攻めていくのも手。 あまりにも綺麗な王手だったのでキャプチャしてしまいました。

【右玉】右玉棋譜.No10_糸谷流右玉~敗戦譜から学ぶ~

糸谷流右玉、敗戦譜を辿る!! // '; document.write(code); // ]]> 分岐局面を再生中はフラ盤の右下の⇦で分岐の最初に戻れます。 負けた棋譜をフラ盤で辿っていき、大きな悪手が出るたびにそこで指すべきだった手と進行を分岐としてのせてみました。 好評な…

【右玉】右玉部分手筋_糸谷流右玉_97の角は香と交換しても良い

// '; document.write(code); // ]]>97の角を犠牲に飛車を回って9筋攻めを狙う。

【右玉】右玉部分手筋_5筋の位が取れたら67金で角頭を守る

頻出の67金 // '; document.write(code); // ]]>3段目に金を上げるのは抵抗がありますが5筋の位を取れたら積極的に位を確保していきましょう。

【右玉】右玉部分手筋_角交換後▲45歩からの攻め

角交換後▲45歩からの仕掛け 以前の記事で、右玉の代表的な攻めは2筋からの継歩攻めか、45歩からの仕掛けと書きましたが、この記事では矢倉に対する角交換後の▲45歩からの仕掛を、相手の矢倉の形に注目して見ていきたいと思います。 22玉型矢倉 上図から▲45歩…

【右玉】右玉部分手筋_7筋殺到に対する受け

// '; document.write(code); // ]]>

【右玉】右玉部分手筋_4手角には▲85桂~銀交換

// '; document.write(code); // ]]>

【右玉】右玉棋譜.No9_右玉崩しを受け切り勝ち

右玉で受け切り勝ち! // '; document.write(code); // ]]>

【右玉】右玉棋譜.No8_小駒を拾って玉頭攻め

小駒を拾って玉頭を狙う! // '; document.write(code); // ]]>銀交換の後▲82銀と打ちこむのが右玉的な指し方、一見筋悪に見えるが小駒を拾って玉頭を攻める手が有効。ソフトでも最善としている。

【右玉】右玉部分手筋_2筋の受け

右玉、2筋の受け // '; document.write(code); // ]]>

【右玉】糸谷流右玉、要点まとめ_改訂版

糸谷流右玉、簡単に指し手の方針を整理 振り飛車に対しては全て左玉を使っていますが、中飛車に対してのみ右玉を使っています。受けと攻めを簡潔に整理します。下図参考 糸谷流右玉、受け 27金で3筋を受ける 基本的に普通の右玉と変わりませんが、玉の位置と…

【右玉】頻出局面ファイル.No3  75歩交換、▲68角と引くタイミング

75歩交換からの早繰り銀、角を引くタイミング △74銀まで、ここで角を引く 上図は相手が7筋の歩を交換した後に7筋から銀を繰り出してくる場合の頻出局面です。この場合△74銀と出た瞬間に▲68角とさっと引いておく手を覚えておくと良いです。 △75銀▲65歩△42角ま…